落卵は生命の奇跡の原材料

〃いい卵″とは何でしょうか。
これはいくら顕微鏡で見ても、外からでは判断できません。

それは受精した後、細胞分割してからの様子で初めて分かります。きれいに細胞分割を続け、ちゃんと照化して着床し、赤ちゃんにまで育つのが〃いい卵″です。
卵は妊娠の大もとの原材料です。

成熟した卵子は、人間の細胞の中で最大のものです。120ミクロン、0.1ミリくらい・ディッシュの中に入れると、小さな点でポチッと目で見えます。肉眼で見える唯一の細胞です。親指の先が普通の細胞とすると、卵子はビーチボールくらい。体積にしたら何千倍です。

なぜそんな巨大細胞かというと、卵の中には、DNAを半分もらう以外のすべてが入っているからです。そこに一つの生命がヒトとして誕生するために必要なすべての大もとが入っているからです。足りないのはDNAの半分だけ。赤ちゃんの材料は卵と精子の二つですが、卵にはDNAの半分、赤ちゃんの素材も栄養も全部詰まっています。

かつ卵は工場でもあって、そこで新しいタンパク質やら何やら、必要なものをどんどん生産し続け、また、そのためのエネルギーもつくり続けます。DNAはヒトをつくる設計図です。

受精後の卵は細胞分割して毎日どんどん発育します。僻化して子宮に着床してからは、子宮から栄養を補給して発育します。

精子は人間の設計図のDNAの半分だけを持ち込んで、卵の新しい生命活動のスイッチをオンにする、それが主な役目です.オンになって、卵が動き出すのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です