不妊治療を受ける際の医師の選び方

子供が出来ないと思って妊娠に向けて医療の力を借りることを考えたとき、重要なのは、医師をいかに選ぶかでしょう。
生殖補助医療は、卵子や精子というとても小さな細胞を相手とするミクロの世界です

しかし、ミクロの医療を望むのは、わが子の誕生を心待ちにするカップルです。人は、心と体が連動して作用し合う統合体です。ミクロの世界だけに目を奪われていては、患者さみんの妊娠する力を高められません。つまり、患者さんをトータルに診ることのできる医師を探すことを、私はおすすめします。

具体的には、ミクロの世界のむずかしい情報を、あなたが納得できるように説明してくともな れるかを一つのポイントにされるとよいと思います。治療には、痛みの伴うものもあり、高額の費用もかかります。医師から納得できる説明を受けられないまま、望むような結果 を得られなければ、不信感や不満がつのる一方でしょう。

ストレスは妊娠を阻む最も大きな障害です。過度のストレスを負うと、ホルモンの分泌 が全体的に悪くなるからです。とくに影響を受けるのは、女性ホルモンの分泌に重要な脳 下垂体であり、そうなれば、排卵に支障をきたします。

体温計を覗き込むたびに、いつ排卵日がくるか、また、生理になってしまうのではないかという恐れが私を取り巻いていたのだと思います。

それが、過剰なストレスになり、脳に影響を与え、ホルモンのバランスを崩し妊娠できない体質に変えてしまっていたのです。
参考:なかなか妊娠出来ないあなたが確実に妊娠するには?

また、ストレスは体をこわばらせます。そうなると、着床がうまくいかなくなります。 どんなにすばらしい最先端技術を用いたところで、心と体が妊娠に向けて良好の状態にな ければ、よい結果を得ることがむずかしくなるのです。

私のクリニックでは、体外受精を受ける患者さんと、副作用の問題も含めて1時間かけ て話し合う機会を設けています。どんな小さな不安もなくし、スタッフを信頼していただ いたうえで治療を行うことが、よい結果につながっていくからです。

ここにいってみようと思う医療機関があったらまずは受診して医師の話を聞き医療スタッフの対応や熱意を観察してみてください。そして、「ここならば信頼できる」と 感じてから、通院を決めるとよいと思います。

また、医療機関そのものを見きわめることも大事です。たとえば、精液検査にしても、 精度は医療機関によって異なります。「精子に異常なし」と診断されたはずが、違う医療 機関でも検査を受けたところ、精子に問題が見つかったというのは、たびたび耳にするケースです。医療機関の評判だけでなく、どんな設備が整い、どのような治療が受けられ、ど の程度の妊娠率なのか、きちんと医療機関側の説明を聞いたうえで通院を決めるとよいでしょう

子供ができない!不妊治療の現状

妊娠をむずかしぐしている原因が検査により明らかになれば、その原因に応じた方法により、妊娠への可能性を高めていくことができます。
そのための医療が、一般には「不妊治療」と呼ばれています。不妊治療には、次の二つのカテゴリーがあります。

妊娠する方法は、二つあります。 一つは自然妊娠で、男女の性行為によって精子と卵子が受精し、妊娠するという一般的な方法です。 二つめは人工妊娠で、医学的な技術によって受精を行う方法です。
参考:子供ができない理由

一般不妊治療
最先端の技術は用いずに、従来の方法で行う治療法です。
・タイミング療法II排卵日を予測し、その日に合わせて夫婦生活を持つ療法。排卵日をいかに正しく予測するかが重要。
・人工授精IIパートナーの精液を女性の子宮に流し込む方法。精液をそのまま流し込む方 法と、洗浄濃縮することによって精子のエリート集団をつくって注入する方法がある。

生殖補助医療
最先端の技術を用いて、妊娠をサポートする医療です。現在は、培養液の進歩によって、受精卵を着床寸前の状態にまで育ててから子宮に戻せるようになり、妊娠率が確実に高まっています。
・体外受精II採取した卵子と精子を同じ容器に入れて受精させ、その受精卵を子宮に戻す方法。
・顕微授精II採取した卵子の中に精子を一つだけ入れて、確実に受精させ、その受精卵を子宮に戻す方法。正常な精子が一つあれば受精が成立するので、重度の男性不妊症でも妊 娠の可能性が広がる。

一般的な方法を紹介しましたが、現在は、技術も設備も薬も培養液も、あらゆる方面に生殖補助医療は発展し続けています。これにより、妊娠率は確実に高くなってきています。 体外受精が始まった当初、日本における妊娠率は20%ほどでした。現在は、20から40といわれています。 生殖補助医療による妊娠率は20%を超えます。これは、世界トップクラスの成績といえるでしょう。治療は、スタートから少なくても1年以内の妊娠を目標に進めていきます。なお、タイミング療法だけで妊娠するカップルは、全患者さんの20%、人工授精は30%です。すべてを合わせれば、およそ20%の患者さんが妊娠しています。